和顔愛語とは?

秘訣は、「和顔愛語」と熱心さ。

木曜日 3月 7, 2013

どんな時でも笑顔は大事ですが、接客など、人と接する仕事をする上でも、やはり「和顔愛語」は非常に大事です。甲乙つけがたいほど美しい2人のスチュワーデス。笑顔たやさずに機内サービスに徹するAさんと、あまり笑顔がなく、ツンツンした対応のBさん。どちらが印象がいいか、可愛いかとなると、やっぱりAさん、のようです。

先日、介護に従事している友達から、こんな話をききました。勤め先の介護施設に、冬休み、福祉系の高校や専門学校から実習生を数名、受け入れたそうです。実習生が、車椅子の操作や排泄介助の仕方などをすでに学んでいるのは承知だけれど、友人は、命を預かる「現場」で、まだ資格のない彼らに任せることはできないと、お茶の準備など、こまごましたことをやってもらうことにしているといいます。ある日、介助をしようとする実習生があり、「○○さん、お茶出してくれる?」と指示。すると途端に、「私、介助できるのに……」の不満顔になって、そのままの態度でお茶を出してしまったと聞きました。「一杯のお茶に大切な意味があるのに、残念だなぁと思ってしまった」と言っていました。

一方で、慣れないながらも、利用者に、自分から積極的に話しかけ、お茶を出したり、ドライヤーをかける実習生もあるのだそうです。最初はなかなか要領を得なくても、きちんと最後まで自分の仕事をする。慣れるころには笑顔(和顔愛語)が見られるようになるのだそうです。友人は、『技術的なことは、現場で働けば身についていく。ぎこちなくても笑顔(和顔愛語)で、一生懸命に接する学生のほうが、「よいケアをするだろうな」という印象を持つ』と言っていました。笑顔、大事ですね。実践していきたいと思います☆


コメントは受け付けていません。

「和顔愛語」で内定も決まる☆

木曜日 2月 28, 2013

「和顔愛語」という言葉を聞いたことはありますか?これは、仏教を説かれたお釈迦さまのお言葉。和顔とは、和やかな顔と書くように、笑顔のこと。愛語とは、優しい言葉、ということ。お釈迦さまの教えられる「和顔悦色施」と「言辞施」とを合わせた言葉といわれます。

和顔悦色施とは、優しいほほえみを湛えた笑顔で、人に接することをいいます。心からの美しい笑顔こそ、人生の花でしょう。純粋無垢な笑顔は、人生の苦労を吹き飛ばし、生き甲斐さえも与えるものです。周囲を和ませ、トゲトゲしい対人関係をスムーズにさせるのも、笑顔の力といわれます。言辞施とは、優しい言葉をかけるように努めること。逆境に陥った時、不幸や災難に見舞われた時、どん底にいるような気さえもする時に、心からの温かい優しい言葉をかけられると、大きな元気がわいてきます。あの一言が人生の転機となった、あの一言が忘れられない、という一言が、誰しもあるのではないでしょうか。

その言辞施の第一歩が、挨拶でしょう。心を開き、「おはようございます!今日はいい天気ですね」とか、「こんにちは!寒い中、ご苦労さまです」と言うことで、相手の心にもパッと明るい花を咲かせることができるのです。ある新聞の投書に、こんな内容が載っていました。
――挨拶と返事、笑顔の大切さを学び、あるバイト中も意識して、実行しました。
 お客さんの顔を見て、笑顔で、「ありがとうございました」とハッキリ発音、
 仕事を教わるときや注意を受けた時もつねに「ハイッ!」と歯切れのよい返事を心掛けました。
 自信がつき、就職の面接も怖くないと思うようになりました。
 実際、面接では、相手の目を見てうなずき、聞かれたことに
 「ハイッ!」と答えていると、「明るくていい返事だね」といわれ、内定をもらいました。
 就活なのに、「楽しかった」とさえ思えました――

「和顔愛語」は素晴らしい布施の行いですから、実行すれば必ず幸せに恵まれます。「善因善果 自因自果」自分が善いタネをまけば、自分に善い結果が表れる、と仏教で教えられるとおりです。幸せのタネをまけば、幸せの花が咲く。どんどん幸せのタネをまいていきましょう☆


コメントは受け付けていません。

いちばんのお化粧は「和顔愛語」☆

木曜日 1月 31, 2013

ある日、機内で、こんなことがあったのだそうです。スチュワーデスAさんと、Bさんを比べて、「どっちが可愛い?」と隣の人から尋ねられた、とのこと。気にも止めずにいたその人が、改めて見てみると、甲乙つけがたいほど、ともに美人。しばらく観察していると、Aさんは、終始笑みを絶やさず、話しかけている。一方、Bさんは、ほんの申し訳程度の笑顔(和顔愛語)で、事務的だったそう。
「べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き」。せっかくの美人なのに、5割引きになってしまうなんて、残念ですね。

先日、「女性はやっぱりキレイでなくちゃね」と、先輩から言われました。わたくしも同感です。。。続いて、「ニュース番組でも、アナウンサーがキレイな人だと、チャンネル変えようという気にならない」と……。これまた同感。女として、「美」にこだわり、年齢に関係なく、いつまでも美しくありたいというのは、どんな女性にも変わらない思い、ですよね。スタイルのよさ、つやのある髪、きれいな白い肌、、、、などなど、美しく輝かせる要素はいろいろあるけれど、いちばんは何??

「どんな娘も 笑顔に勝る 化粧なし」。これは最近耳にしたもの。どんなお化粧をするよりも、笑顔が最も美しく見せる、のですね。なるほど、近くのスーパーに買い物に行っても、つい目を奪われるのは、笑顔のステキな女性。キラリ輝くその笑顔は、周囲を和ませ、一瞬人生の苦労を忘れ、生きがいさえも感じさせるもの。笑顔は、お釈迦さまの勧められている和顔悦色施の布施行。心掛けて、実践したいものです☆


コメントは受け付けていません。

和顔愛語で人生が変わる!!

金曜日 11月 30, 2012

和やかな顔と優しい言葉のことを、仏教では「和顔愛語」といわれます。今回は特に「愛語」に注目して、「言葉遣い」で人生が変わることをご紹介しましょう。

こんな学生さんがあったそうです。体の行いも大切だけど、言葉遣いはもっと大切、と心にしめて、正しい言葉遣いに心がけていたところ、就職活動を始めてから、わずか1カ月で内定をもらえた、とのこと。その学生が、会社の面接で家族を紹介した時、身内を下げて話すと、「丁寧な言葉遣いで、大変素晴らしい。きっといい教育を受けてこられたのですね。君の言葉遣いは、今までの人の中でいちばんきれいだ」と、どの訪問先の会社でも、言葉遣いを誉められたそうです。

また、面接で知り合った学生にも、笑顔で挨拶(和顔愛語)を心がけると、悩みを相談されるようになったとも聞きました。相手の話を真摯に聞く姿勢にも好感を持たれて、最近は先輩から、「研究発表の言葉遣いをチェックしてほしい」と頼まれることも。言葉が変われば、人生が変わる、というのは本当ですね。幸せのタネをまけば、幸せの花が咲く。タネマキしましょう!


コメントは受け付けていません。

和顔愛語は、声にも表れる♪

金曜日 10月 12, 2012

先日、笑顔(和顔愛語)のアナウンスに「一目惚れ」、ならぬ、「一耳惚れ」した、と言っている人がありました。なんでも、ある日、電車に乗ったところ、車掌さんの「扉が閉まります。お荷物、お体、お引きください。ご注意ください。はい、閉まりまーす」の声に感動したのだとか。夜の帰宅ラッシュで、車内もギューギューで殺気立っていたのですが、車掌さんの男性の声は、どこまでも優しく、柔らかく、なおかつハッキリとしていて、癒されたのだそう……どんな表情をしているか、容易に想像ついたそうです。

笑顔(和顔愛語)は、声にも表れることが、よく分かる実例ですよね。某大手コールセンターでは、女性たちは全員、机の上に鏡を置いて、自分が笑顔で応対しているかチェックしながら仕事をするそうです。イラッとすればイラッとした声の調子になってしまい、心のイライラが伝わってしまう。逆におだやかな表情でいれば、おだやかな声の調子で話ができる。きっと相手も、心おだやかに電話で話をすることができるでしょう。

イラッとすると、その心が口にも表れて、イライラした口調になる。それがまた、ますますイライラを募らせる、ということ、よくありませんか?(わたしだけ、でしょうか??笑) そんなマイナスの連鎖を断ち切るには、まずキュッと笑顔を作る!!笑顔から出るおだやかな声で、自身の心も落ち着き、相手ともおだやかなコミュニケーションが始まるでしょう。幸せの連鎖が始まりは、笑顔(和顔愛語)から☆


コメントは受け付けていません。

辛いときでも 和顔愛語☆

水曜日 9月 12, 2012

人生は「難度海」といわれます。難度とは、渡り難いということで、苦しいということ。苦しみ悩みの波が次から次へとやってくるのが、この人生である、と浄土真宗の祖師・親鸞聖人は言われています。2600年前、インドに現われられたお釈迦さまも「人生苦なり」とおっしゃっているように、これは、人生経験を踏めば踏むほど、言わずと知れたことでしょう。。。押し寄せる苦しみの波に、気づけばつい、眉間にしわがよっていたり、眉毛をつりあげていたり、「へ」の字に口を曲げていることも、しばしば……。でも、しかめっ面しても、笑っても、同じ難度海ならば、笑って生きたほうがどんなに幸せでしょう。「へこんだときにも、できるだけ笑顔を保つことで、心にはどんどんプラスのエネルギーが増えていく」といわれます。笑顔と優しい言葉かけは「和顔愛語」ともいわれ、自分も周囲も明るくなる自利利他の種まきです。笑顔すれば、元気になれる。だからわたしは、なるべく口角をあげて、笑顔を作ることを意識しています。

この前、「SMILE」という曲を知りました。あの喜劇王、チャーリー・チャップリンの曲です。メロディーを聴いて、「あぁこの曲か」とすぐにわかったので、皆さんもご存知と思います。マイケル・ジャクソンの最も好きだった歌も、この曲だったそうです。あらためてこの曲の歌詞を知り、わたしも大好きになりました。一部紹介しましょう。

さぁ、笑って  たとえ辛い時でも
そう、笑うんだ たとえくじけそうになっても
空を雲がおおっていても 笑顔を忘れずにいれば
きっとどんな困難だって乗り越えられるさ
もしも君が いつでも心に笑顔を忘れずにいれば
将来への不安やつらい事にだって
自分に負けないで ちゃんと立ち向かえるはずさ
そうすれば明日にでも お日さまはニコニコと
君に笑いかけてくれるはずだから・・・・・・
                   (「SMILE」日本語訳より)

和顔愛語を実践すれば、心にプラスのエネルギーが増えていく。
それは、自分自身の活力となり、周囲の人に明るさを届けます。
Smile though your heart is aching!
辛いときでも、いえ、辛いときこそ、笑っていきましょう!


コメントは受け付けていません。

和顔愛語で、血行もよくなる☆

火曜日 8月 28, 2012

先日、近くのスーパーへ買い物に行ったら、レジのお姉さんが笑顔いっぱいで、テキパキ仕事をこなすものだから、しばらく見とれてしまいました。感じがいいなぁと、本当にしばらく見つめてしまった。怪しい人と思われたかもしれません(笑)。しかし、笑顔はこんなにも人を惹きつけるものなのかと感動し、同時に私は一体、毎日どんな顔をしているだろうかと反省させられました。

笑顔は、仏教で「和顔愛語」と言われます。和顔とは和やかな笑顔、愛語は優しい言葉という意味で、努めてそのようにふるまいなさいと、お釈迦さまが勧めておられるのです。笑顔という幸せのタネは、幸せの花を咲かせ、周囲も自身も明るくしますから、自利利他の善い行いです。

周囲の人を明るくすると同時に、自分の心も明るくなる。それは体にもよい影響を及ぼしすことは、医学的にも証明されていることです。笑うと、血行がよくなる。反対にしかめっ面していると、血行はとたんに悪くなる。これも明らかにされているようです。

こんなおもしろい実験が行われました。被験者の手に、いきなりカメムシと乗せます。すると血行は乱れ、悪くなった。それは大きなストレスを受けたから。しかし、ここで無理矢理でも笑顔を作ったところ、血行がすぐに快復、正常に戻ったのだそうです。心はどうあれ、笑っていれば血流がよくなる。血流がよくなると、体のいろいろな流れがよくなって、ストレス解消となるのだそうです。私の血行が悪いのは、笑顔(和顔愛語)が足りないからでしょうか。。。

ストレス社会といわれるようになって久しい現代。。。だからこそ、笑顔で!頑張りたいと思います。和顔愛語で行こう☆


コメントは受け付けていません。

「百万ドル」生み出す和顔愛語☆

土曜日 6月 30, 2012

『人を動かす』で有名なアメリカの実業家・デール=カーネギー。彼は、「笑顔は一ドルの元手もいらないが、百万ドルの価値を生み出す」と言っています。笑顔を作るのに、まったくお金は要りませんが、それだけ人を幸せにする力がある、ということでしょう。

眉間にしわを寄せ、目と眉毛をつりあげて、カリカリ、プリプリしていると、周囲に緊張が走り、固くトゲトゲしい雰囲気になってしまう。反対に、ちょっと目元の筋肉をゆるませて、ほほ笑むと、周囲が和み、穏やかな空気が生まれ、人間関係もスムーズになる。純粋無垢な笑顔は、人生の苦労を吹き飛ばして、生きがいさえも感じさせるとまでいわれます。だからお釈迦さまは、大変な布施の行いであると「和顔悦色施」(わげんえっしょくせ)といわれ、教え勧められました。この「和顔悦色施」と、やさしい言葉をかける布施「言辞施」とをあわせて、「和顔愛語」と言われるのです。

成功者といわれる人は、「和顔愛語」の大切さを身をもって知っているのでしょう。デパート王といわれるジョン・ワナメーカー氏にまつわる、こんな話を聞いたことがあります。
 ■   ■   ■
店員募集の広告を見て、一人の青年がやってきた。
 みずから面接したワナメーカーの質問に彼は、「イエス、ノー」と、適切に即答して少しの誤りもなかった。
 体格も立派だし、学力も十分。
 同席者は採用を確信して疑わなかった。
 ところがどうしてか、不合格になったのだ。
「たいそう、よい青年のようでしたが、どこかお気に召さないところがありましたか」
 側近の不審にワナメーカーは、こう言っている。
「あの青年は、私の質問に、『イエス、ノー』と、ぶっきらぼうに言うばかりで『イエス・サー、ノー・サー』(敬称)と、丁寧な物言いをしなかった。
 あんなふうではきっと、お客に親切を欠くことがあるにちがいない。
 親切第一がモットーの私の店には、雇うわけにはゆかないのだよ」
 たったの一言が、いかに大切か。
「社長が愉快げに”おはよう”とあいさつされると、一週間は楽しく働ける」
 こう言って、ワナメーカー氏の店員たちは、喜々として働き、店は栄えに栄えたという。
 なにが社会奉仕といっても、にこやかな笑顔と明るいあいさつほど、世の中を楽しくするものはない。
 彼は街頭をゆく楽隊のように、四方に光明をバラまく。
 笑顔とあいさつを出し惜しむ者ほどの、ドケチはないといってよかろう。
 ちょっと目もとの筋肉を動かし、わずか一言、二言を話すだけで、人に幸福を与えることができるのに、それすらもケチるからである。
■  ■  ■

和顔愛語、実践したいと思います☆ 


コメントは受け付けていません。

「求める」から「与える」へ。和顔愛語のススメ☆

木曜日 5月 31, 2012

パナソニックを一代で築き上げた経営者・松下幸之助。いろいろな名言を残していますが、こんな言葉も記されています。
「誰にでも与えるものはある。
笑顔を与える、笑いを与える。
求める活動から与える活動へ転換をはかりたい」

お釈迦さまの「和顔愛語」のおススメを思い出させられます。〈誰にでも与えるものはある〉。そう、たとえお金や物がなくても、与えよう、布施をしようという心さえあれば、いくらでもできると、お釈迦さまは『雑宝蔵経』という経典に、「無財の七施」を教えられています。「無財の七施」とは眼施、和顔悦色施、言辞施、身施、心施、床座施、房舎施の7つ。中でも、和顔悦色施と言辞施とをあわせて、「和顔愛語」といわれます。和顔悦色施とは、やさしいほほえみを湛えた笑顔で、人に接すること。言辞施とは、やさしい言葉をかけるように努めること。ほほ笑みとやさしい言葉で、相手を幸せにすることができるのだよ、と教えられています。

それはまるで、丸い風呂に入って、自分の前のお湯を押し出せば、くるりと回って、湯が戻ってくるようなもの。与えることを考えて実行すれば、必ず幸せに恵まれる。反対に、自分の元にお湯をかき集めようとすると、脇から湯が逃げていくように、自分の幸せや利益を追い求めていては、なぜか幸せが逃げていってしまう。。。求める活動から、与える活動へ。方向を転換すれば、幸せの流れも変わるでしょう。

気持ちさえあれば、どんな人も、いつでもどこでもできる善い行い。笑顔とやさしい言葉かけ、和顔愛語。幸せのタネをまけば、幸せの花が咲く。幸せの花を咲かせよう☆


コメントは受け付けていません。

和顔愛語は、ビジネスにも教育にもいい☆

木曜日 4月 26, 2012

お金や物に恵まれていない人でも、布施しようとする気持ちさえあれば、いくらでもできる行為が布施であると、仏教では教えられています。その方法を教えられたのが、『雑宝蔵経』に説かれている、「無財の七施」という教えです。

これは、お金も物も、名誉も地位もない人でも、布施しようという心さえあれば、七つの施しができるということ。眼施、和顔悦色施、言辞施、身施、心施、床座施、房舎施の七つが説かれています。この2番目と3番目を合わせて「和顔愛語」といわれます。

和顔愛語というのは、まず和顔悦色施とは、やさしい微笑みを湛えた笑顔で、人に接すること。心からの美しい笑顔は、まさに人生の花です。純粋無垢な笑顔は、人生の苦労を忘れさせ、周囲全体を和ませて、トゲトゲしい人間関係をスムーズにするといわれます。言辞施とは、やさしい言葉をかけるように努めることをいいます。

だから、いつも笑顔でいる人は、ビジネスや教育面においても、よい結果を導くことができるようです。ミシガン大学の心理学教授であり、作家のジェイムズ・マッコネルは、こんな言葉を残しています。
======================
にっこりとほほ笑むことのできる人は、
経営や販売にも長けている。
子どもを幸せに育てることもできる。
しかめっ面よりも、にっこりとほほ笑んだ表情に
大きな意味がある。したがって罰を与えるよりも、
激励のほうがより効果的な教育方法なのである
======================
にっこりとほほ笑む、その布施行は、いろいろな面で善い結果を引き起こすのですね。実践したいと思います☆


コメントは受け付けていません。