和顔愛語とは?

こどもの「和顔愛語」に学ぶ

月曜日 5月 10, 2010

母の日を前に、先日母に電話をしたら、甥っ子の話になりました。(母にとっては孫です)。もうすぐ1歳になる甥は、ハイハイするようになり、あらゆるものを手にしては口に入れるそう。「もう目が離せなくて大変なの。でもね、よく笑うのよ。人の顔見て笑うの。だから笑い返すと、キャーキャー喜んでまた笑うの」と。笑い合っている姿が目に浮かび、なんだか心がほんわかしました。「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ 山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」といわれますが、子供の笑顔に、自然とこちらも笑顔になる。子供からたくさんの幸せをもらっているのかもしれませんね。笑顔(和顔愛語)の大切さをあらためて感じました。



また、親鸞会の友達から、こんな話も聞きました。彼女は2歳の女の子のお母さん。大人のあいだで行き違いがあり、ちょっとした言い合いになったそうなんです。すると、その場にいた子供が、空気を敏感に察知して、トコトコと2人のあいだに入ってきて、「にこーっ にこーっ」と笑顔を見せるのだと。「それはまるで、『まぁまぁ、まぁまぁ、そんなぶつかり合わないで』となだめるような感じなの」と、友達は言っていました。「子供の笑顔は、忘れていた大事なことを、思い出させてくれる」と。




笑顔にもいろいろありますが、赤ちゃんや子供の笑顔がいちばん好き、という人もあります。純粋無垢な心が、その笑顔に表れているからでしょうか。心からの美しい笑顔こそ正に人生の花。純粋無垢な笑顔は、人生の苦労を忘れさせ、生きがいさえも感じさせる。周囲全体を和ませて、とげとげしい対人関係をスムーズにするといわれます。心からの美しい和顔愛語に努めていきたいものです。




Comments are closed.