和顔愛語とは?

和顔愛語は“魔法の言葉”

木曜日 4月 28, 2011

東日本大震災より、1カ月半がたちました。被災された方々を思い、テレビのCMも変わりました。ACのCMが多く流され、賛否両論ありますが、大事なことを思い出させ、心に刻んでくれていると思います。「日本の力を信じてる」という応援メッセージ、「思いは見えないけれど、思いやりは見える」という親切を勧めるもの、などなど。

そして、挨拶(仏教で和顔愛語といわれます)の大切さを訴える動物たちが登場するCMも、多くの人の心に印象深く残っているのではないでしょうか。「ありがとうさぎ」「こんばんわん」「いただきまうす」「こんにちわん」「さよなライオン」・・・・・・。CMの最後は、「魔法の言葉で 楽しい仲間がポポポポ~ン♪」と、友達が増えていくよと歌われていますよね。挨拶は楽しく、友だちが増えるのは素敵なこと、というメッセージをこども達の心に届けたいという目的で作られたのだそうです。

挨拶はそう、“魔法の言葉”。仏教では、和顔愛語の布施行であると勧められています。また「前向きに大きな声」の挨拶は、より気持ちがよいといわれます。浄土真宗親鸞会の高森顕徹先生の本の中に、このように書かれてありました。
〝すみません……〟
 蚊の鳴くような声では、ますます沈む。
 挨拶は、前向きに大きな声が大事。
〝お早うございます〟
〝ご苦労さまでした〟
〝申し訳ありません〟
〝お休みなさい〟
 自身も周囲も明るくなり、自利利他となる。

虫が誘蛾灯にひかれるがごとく、ハキハキ元気な挨拶で光る存在になれば、きっと周囲の人も引き寄せられて、人間関係の素敵な輪が広がっていくことでしょう。和顔愛語、実践していきたいと思います☆

Comments are closed.