和顔愛語とは?

和顔愛語で、与える活動へ転換!

土曜日 3月 31, 2012

「くれないの豚になってはダメだよ」。これは高校生の時、担任の先生から聞いた言葉です。ちょうどその頃、宮崎駿アニメの「紅の豚」が流行っていて、タイトルにかけてこう言われていました。「彼が優しくしてくれない!」「友達が相手してくれない!」「お母さんが欲しいもの買ってくれない!」などなど、「==してほしいのに、==してくれない」と、「してもらう」ことばかり考えていては、魂が枯れてしまうといわれます。人からもらってばかりいると、お金や物は現実、増えるかもしれませんが、心はなんだか虚しくなるものです。それで「くれないの豚になってはダメだよ」と言われたのです。

では、どうすればよいのでしょう??幸せひとつ求めるすべての人にお釈迦さまは、「幸せになりたければ、与えることだけ考えなさい」と教えておられます。「与える」ことを、仏教で「施し」とか、「布施」といわれ、幸せを届けなさい、そうすれば、あなたも幸せに生かされると教えられています。

布施の中でも、和顔悦色施は、優しいほほ笑みを湛えた笑顔で人に接すること。言辞施とは、優しい言葉をかけること。二つ合わせて、和顔愛語といわれますが、これは、お金や物がなくとも、気持ちさえあれば、どんな人にもできる布施として勧められています。
この言葉を松下幸之助氏も知っていたのでしょうか。こんな言葉を残しています。
======================
誰にでも与えるものはある。
笑顔を与える、笑いを与える。
求める活動から与える活動へ転換をはかりたい
======================
笑顔を出し惜しむものほどのドケチはないと言われます。お金も時間もかからないのに、出し惜しむのですから。。。私にも与えるものがある。笑顔を届けることができる。人から幸せにしてもらおうと待つのではなくて、人に幸せを届けていきたいものです。笑顔はその第一歩☆

Comments are closed.