和顔愛語とは?

辛いときでも 和顔愛語☆

水曜日 9月 12, 2012

人生は「難度海」といわれます。難度とは、渡り難いということで、苦しいということ。苦しみ悩みの波が次から次へとやってくるのが、この人生である、と浄土真宗の祖師・親鸞聖人は言われています。2600年前、インドに現われられたお釈迦さまも「人生苦なり」とおっしゃっているように、これは、人生経験を踏めば踏むほど、言わずと知れたことでしょう。。。押し寄せる苦しみの波に、気づけばつい、眉間にしわがよっていたり、眉毛をつりあげていたり、「へ」の字に口を曲げていることも、しばしば……。でも、しかめっ面しても、笑っても、同じ難度海ならば、笑って生きたほうがどんなに幸せでしょう。「へこんだときにも、できるだけ笑顔を保つことで、心にはどんどんプラスのエネルギーが増えていく」といわれます。笑顔と優しい言葉かけは「和顔愛語」ともいわれ、自分も周囲も明るくなる自利利他の種まきです。笑顔すれば、元気になれる。だからわたしは、なるべく口角をあげて、笑顔を作ることを意識しています。

この前、「SMILE」という曲を知りました。あの喜劇王、チャーリー・チャップリンの曲です。メロディーを聴いて、「あぁこの曲か」とすぐにわかったので、皆さんもご存知と思います。マイケル・ジャクソンの最も好きだった歌も、この曲だったそうです。あらためてこの曲の歌詞を知り、わたしも大好きになりました。一部紹介しましょう。

さぁ、笑って  たとえ辛い時でも
そう、笑うんだ たとえくじけそうになっても
空を雲がおおっていても 笑顔を忘れずにいれば
きっとどんな困難だって乗り越えられるさ
もしも君が いつでも心に笑顔を忘れずにいれば
将来への不安やつらい事にだって
自分に負けないで ちゃんと立ち向かえるはずさ
そうすれば明日にでも お日さまはニコニコと
君に笑いかけてくれるはずだから・・・・・・
                   (「SMILE」日本語訳より)

和顔愛語を実践すれば、心にプラスのエネルギーが増えていく。
それは、自分自身の活力となり、周囲の人に明るさを届けます。
Smile though your heart is aching!
辛いときでも、いえ、辛いときこそ、笑っていきましょう!

Comments are closed.