和顔愛語とは?

和顔愛語-何のために生きるのか

火曜日 6月 9, 2009

最近、写経や坐禅が若い人の間でブームのようですね。でも若い人がお寺に訪れるのは、ブームだけが理由ではないようです。最近の若者は「なぜ生きるのか、何のために生きるのか」悩んでいるようなのです。私も、同様に悩んだ時期がありましたので、このニュースをみて複雑な気持ちになりました。

私たちは必ず何かを信じて生きています。「信じる」を言い換えれば、頼りにしたり、あてにすることを言います。妻は夫を、夫は妻を信じ、親は子供を頼りにし、子供は親をあてにして生きています。その他にも色々あります。自分の身体や命もそうですし、財産や名誉、社会的地位など、必ず人は何かをあてにして暮らしています。だから生きるということは信じること。神や仏を信ずることだけが信心ではありません。

しかし私たちは、ただ生きるのではなく、幸福を求めて生きています。苦しみや悩みはなぜ生まれるかというと、信じていたものに裏切られた時に起きてくるのです。夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたり、健康な人が病気にかかり健康に裏切られたりするから苦しみます。それが深く信じていればいる程、裏切られた時の苦悩や悲しみ、怒りは大きくなってしまいます。
結論から言うと、裏切らない、変化しないものというのはこの世にはありません。つまらないことで裏切られたと嘆き悲しむのは、ちょっと馬鹿らしく思えますよね。これは浄土真宗親鸞会で私が学んだことです。それなら明るく生きていきませんか?
これに気付くことがもしかすると和顔愛語の第一歩かもしれませんね。

Comments are closed.