和顔愛語とは?

和顔愛語-いじめに対する試み

水曜日 7月 8, 2009

今回の和顔愛語は、いじめに関係があるお話です。ある大学の教育心理学の研究グループが、以前興味深い研究をしていました。小・中学校のクラスの中で、お互いを褒め合うメッセージを交換するというもの。
以下、小学5年のクラスでの実話です。一郎君(仮名)は、クラスのいじめっ子。ちょうどその頃、クラスの優子ちゃん(仮名)がいじめの対象になっていました。学力が低く、上手に言葉が言えないチック症の彼女に対し、いじめや差別がクラスで広がろうとしていました。

そんな時に実験はスタート。相手をほめるカードを定期的に交換することにしたそうです。 「一郎君は、クラスのムードメーカーです。がんばれ!」 一郎君はとても嬉しそう。そのうちに一郎君に変化が見られ、どんどん乱暴な言葉遣いが減ってきたそうです。一方、優子ちゃんも、「最近頑張って授業中に手をあげているね」などという、励ましのカードをもらったり、自分も積極的にカードを書くうちに、自分の言葉でちゃんと意志を伝えられるようになり、チック症が改善したということです。
これはまさに、浄土真宗親鸞会で教わった「和顔愛語」だと私は思いました。相手を傷つけるような言葉より、あたたかく愛情に満ちた言葉を発した方が、お互いの人間関係を良くするということが、実際に証明されたと思います。
いじめが原因で自殺を選ぶ人は毎年増えています。人が死んだらどうなるでしょう?残された人たちは絶望の淵に立たされます。「和顔愛語」は決して簡単なことではないかもしれませんが、これで命を救うことだって可能なのです。

Comments are closed.