和顔愛語とは?

和顔愛語 -笑顔は幸せへのパスポートー

日曜日 9月 13, 2009

和顔愛語について、続けて紹介しています。仏教を説かれたお釈迦さまは、いろいろな善い行いを六つにまとめて、「六度万行」と教えられました。その筆頭が「布施」(親切)。これは、物質的なものを施して人を助け喜ばせる「財施」と、仏法を伝える「法施」に分けられます。和顔愛語とは、たとえお金や物を持たない人でも、笑顔(和顔)や優しいいたわりの言葉(愛語)を施すことで、これも立派な布施行なのだ、と仏教で教えられています。







「和顔愛語」と聞いて思い出すのが、よく行くスーパーでレジをしている女性、Dさんです。その方はいつも、「いらっしゃいませ~」「○円のお返しです」「ありがとうございました」と笑顔で、可愛らしい声で言ってくださるのです。感じのいい方だな、素敵だな、見習わなければといつも思います。どんな人にとっても「人生は苦なり」。日常の出来事は、放っておけば苦虫つぶしたような顔になることばかりではないでしょうか。それでもいつもDさんが笑顔でやさしい雰囲気なのは、笑顔絶やさず、気持ちよくお客さんと接しようと、常に心がけておられるのだと思います。







また、この笑顔と優しい言葉で、大事な運命が決まることもあるのです。ある富豪の老婆が、レストランへ出かけた時のこと。ウェートレスがお膳を持って、〝お待たせしました〟と言って、お膳をお客さんの前に据え、さらに〝どうぞ!〟と軽くほほ笑んでみせたのだそうです。その笑顔は決して卑しい媚ではなく、本当に女らしい愛嬌だった。老婆は、『大抵なら、〝お待せしました〟と言って、ただそこに置いて行くだけなのに、その人は、〝どうぞ!〟と言ってチャンと前へ据え直してくれた、〝どうぞ!〟の一言と、そのほほ笑みに、すっかり惚れ込んでしまった』と言って、ウェートレスの女性を見初めたのだといいます。







笑顔の素敵な人は、性を問わず、惹かれてしまいます。心からの笑顔はうつくしいし、気持ちが安らぎます。笑顔に出会うと幸せになれますよね。「笑顔は幸せへのパスポート」というキャッチコピーを見たこともありますよ。さぁ和顔愛語を実践して、幸せを届けましょう

Comments are closed.