和顔愛語とは?

和顔愛語 ☆ ~不美人でも笑顔がいい~

金曜日 1月 15, 2010

皆さん、こんにちは☆あらたな年を迎え、すこし趣きも変えてお届けしたいと思います。和顔愛語 (わげんあいご) について紹介していますね。

今日は勝間和代さんの『結局、女はキレイが勝ち』という本から、一節をご紹介しましょう。(ここでいわれる 「キレイ」とは外見の美しさだけではない、内面もキレイであることを指しています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「美人の不満顔より不美人でも笑顔がいい」

メイクに凝ったり、エステに通ったりするのもいいですが、もっと安上がりで効果的なキレイになる方法があります。それは笑顔を磨くことです。言葉は悪いのですが、美人の不満顔よりブスの笑顔のほうが、100倍魅力があるのです。

どんなに見かけにお金をかけても、笑顔が出ない人に他人は心を開いてくれません。(略)笑いかけたら、相手も笑顔で返してくれますから、コミュニケーションもとてもスムーズになるのです。

笑顔でいることのメリットは、笑うことで自分の気持ちも楽しくなるということです。楽しいから笑うのではなく、笑うと楽しくなるというメカニズムが人間にはあるのです。

笑えば体にいい脳内ホルモンもたくさん出るし、笑いはいろいろなことを解決してくれます。ですからたくさん笑いましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

親鸞会の友人から「べっぴんも笑顔忘れりゃ5割引」と聞いたことがあり、これも忘れられない言葉です。美人でかつ笑顔が素敵だったら文句なしですが、「美人の不満顔よりブスの笑顔のほうが、100倍魅力がある」って勇気がでてきますね(笑)。でもたしかにそうだと思います。笑えば、自分の気持ちも明るくなる。周りの人も、気持ちがいい。まさに自利利他ですね。身体にもいい影響があるとのこと。ストレス社会といわれますが、1日1回笑うことが、やはり健康にもよいそうです。「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」。ニッコリ和顔愛語、今年も心がけてゆきたいと思います。

Comments are closed.