和顔愛語とは?

和顔愛語 ~「幸せ」に包まれる言葉~

木曜日 2月 11, 2010

「和顔愛語」とは、「和顔悦色施」「言辞施」の布施行のこと。今日は「言辞施」について、浄土真宗親鸞会の方から聞いたお話を紹介しましょう。




ある年配の女性が、年末の忙しい時期、自転車で駅のスーパーに出かけたそうです。いっぱいになった買い物袋を、自転車の前のかごに乗せて、さぁ出発!と思いきや、こぎ始めた途端、バランスを崩して隣の自転車に倒れてかかってしまった。


思わず「助けて!」と叫ぶと、後ろから、「助けるよ!」という大きな声。すると、3人の男子中学生が駆け寄ってきて、荷物を拾い、外まで出してくれた。その年配の女性は、「助けるよ!」の言葉が、頭から離れなくて、今も、その言葉を思い出すたび、大きな幸せに包まれるのだそうです。「助けるよ」の一言が、どんなに頼もしく感じられたことでしょう。数えればたった4字の言葉でも、まさに和顔愛語の布施行ですよね。




この話を聞いて、ツルゲーネフのことを思い出しました。ツルゲーネフとは、ロシアの文豪。まだ貧しかった時のこと、訪れた乞食に何ひとつ与えるものがなかった彼は、「すまない」の念い一杯から、玄関へ飛び出してゆき、乞食の手を握り締め、「兄弟!」と涙ぐんだといいます。あとで、乞食は「あんなうれしいものをもらったことは生涯なかった」と言ったそうです。たとえお金や物がなくとも、心のこもった一言が、相手に大きな幸せを与えることになるのですね。




相手の心に入って、相手がいちばんほっとする、心安らぐ言葉をかけられたら、どんなに幸せなことでしょう。和顔愛語、心がけていきたいと思います。

Comments are closed.