和顔愛語とは?

和顔愛語は 健康にもよい!

金曜日 4月 9, 2010

和顔愛語とは、『大無量寿経』の言葉ですが、無財の七施の中の和顔悦色施と言辞施を組み合わせた言葉と以前にも紹介しました。和顔悦色施とは、優しい微笑みを湛えた笑顔で人に接すること。純粋無垢な笑顔に接すると、人は一瞬人生の苦労を忘れ、生き甲斐さえ感じ、周囲全体を和ませ、トゲトゲしい人間関係をスムーズにするといわれます。言辞施とは、優しい言葉をかけるよう勤めることで、心のこもった一言が計り知れない大きな幸せを相手に届けられるといわれています。今回はその和顔悦色施について、科学の面から考えてみたいと思います。

高森顕徹先生が書かれた『光に向かって』という本の中に、こう書かれているところがあります。”笑う時には、十六本の顔の筋肉を動かせばよいが、怒る時は、六十二本動かさなければならぬ。エネルギー上からも、 笑い顔の方が怒り顔よりも得である”。アメリカのある学者の面白い教訓である。 怒る時には62本の筋肉、笑う時は16本。怒る時、大変なエネルギー、ストレスを要することが分かりますよね。

しかし、「和顔」、つまり「笑顔」「笑う」という行為は、他人に幸せを届け、また自分自身も幸せになれる自利利他の行いです。「悲しいから泣くのではない、泣くから悲しくなる」と言われますが、同じように、「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」ともいえるでしょう。実際、笑っていると楽しくなる、多くの人がそう経験し、実感として抱いていることと思います。科学的にいっても、「笑う」ことは自身の体にもよい影響を与えるそうです。

笑うと口が開き、声を出して息を吐いたり、お腹に力が入ったりする。「ハハハ」と声を出して笑っているときは、横隔膜(おうかくまく)が激しく持ち上がり肺から大量の息を吐き出し続け、笑い終わると今度は息を吸い込みしばらく腹式呼吸になります。ストレスを受けると脳は興奮状態になり酸素をどんどん消費していくため、脳細胞への酸素供給が不足し脳の働きが低下していくのですが、笑うと、肺が大きく動き、大量の酸素が取り込まれ、弱った細胞に酸素が行きわたり活発化し脳の働きが上昇するのだそうです。そして気分がすっきりし、ストレス物質であるコルチゾールの分泌が減りストレスが鎮められます。ちなみに笑った時の酸素摂取量は、深呼吸(1回)のおよそ2倍、通常の呼吸のおよそ3~4倍になるそうです。そして、たくさん笑った後は免疫力が活発化し、ガン細胞などの病原体への攻撃力が高まるそうです。笑うと、いいことづくめですね。お釈迦さまの勧められた、「和顔悦色施」「和顔愛語」、実践していきたいと思います。


コメントは受け付けていません。

優しい言葉(和顔愛語)に感動 in五箇山 

土曜日 3月 27, 2010

これは親鸞会に入っている友達から、先日聞いた話です。「和顔愛語」って、人の心を温かくする本当に善い種まきと感じたのでご紹介したいと思います。




写真愛好家の彼は、まだ雪の多い季節、五箇山の菅沼集落へライトアップの撮影に行ったそうです。大雪にも関らず多くの観光客が訪れていて、帰りには、観光バスの玉突き事故が起こり、バスが大渋滞するなど、大変だったとのこと。通行止めが解除されるまで待機していた時、ツアーに1人で参加した年配の女性が、乗ってきたバスが分からなくなり、迷子になってしまい困っていたそうです。




観光協会のスタッフが対応 し、その方が持っていたしおりに書かれていた宿泊場所に連絡したりして、その対応はもの凄く親身だった、と聞きました。観光協会には全く落ち度はないのに「すみません、すみません」とその方に謝りつつ、送り届けていた。迷子の方は「私が悪いのに、こんなに良くしてもらって、涙が出てきちゃった」と泣いていたそうです。友達は、「観光協会のみならず、地元の婦人会の方までもが、一致団結して『せっかく豪雪の中、五箇山まで来られたのだから、喜んでもらおう』と取り組まれている姿に感動した」と言っていました。




困っている人がいたら、親身になって優しい言葉をかけて差し上げる。
素晴らしい和顔愛語の実践ですよね。




コメントは受け付けていません。

和顔愛語 ~「幸せ」に包まれる言葉~

木曜日 2月 11, 2010

「和顔愛語」とは、「和顔悦色施」「言辞施」の布施行のこと。今日は「言辞施」について、浄土真宗親鸞会の方から聞いたお話を紹介しましょう。




ある年配の女性が、年末の忙しい時期、自転車で駅のスーパーに出かけたそうです。いっぱいになった買い物袋を、自転車の前のかごに乗せて、さぁ出発!と思いきや、こぎ始めた途端、バランスを崩して隣の自転車に倒れてかかってしまった。


思わず「助けて!」と叫ぶと、後ろから、「助けるよ!」という大きな声。すると、3人の男子中学生が駆け寄ってきて、荷物を拾い、外まで出してくれた。その年配の女性は、「助けるよ!」の言葉が、頭から離れなくて、今も、その言葉を思い出すたび、大きな幸せに包まれるのだそうです。「助けるよ」の一言が、どんなに頼もしく感じられたことでしょう。数えればたった4字の言葉でも、まさに和顔愛語の布施行ですよね。




この話を聞いて、ツルゲーネフのことを思い出しました。ツルゲーネフとは、ロシアの文豪。まだ貧しかった時のこと、訪れた乞食に何ひとつ与えるものがなかった彼は、「すまない」の念い一杯から、玄関へ飛び出してゆき、乞食の手を握り締め、「兄弟!」と涙ぐんだといいます。あとで、乞食は「あんなうれしいものをもらったことは生涯なかった」と言ったそうです。たとえお金や物がなくとも、心のこもった一言が、相手に大きな幸せを与えることになるのですね。




相手の心に入って、相手がいちばんほっとする、心安らぐ言葉をかけられたら、どんなに幸せなことでしょう。和顔愛語、心がけていきたいと思います。


コメントは受け付けていません。

和顔愛語 ☆ ~不美人でも笑顔がいい~

金曜日 1月 15, 2010

皆さん、こんにちは☆あらたな年を迎え、すこし趣きも変えてお届けしたいと思います。和顔愛語 (わげんあいご) について紹介していますね。

今日は勝間和代さんの『結局、女はキレイが勝ち』という本から、一節をご紹介しましょう。(ここでいわれる 「キレイ」とは外見の美しさだけではない、内面もキレイであることを指しています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「美人の不満顔より不美人でも笑顔がいい」

メイクに凝ったり、エステに通ったりするのもいいですが、もっと安上がりで効果的なキレイになる方法があります。それは笑顔を磨くことです。言葉は悪いのですが、美人の不満顔よりブスの笑顔のほうが、100倍魅力があるのです。

どんなに見かけにお金をかけても、笑顔が出ない人に他人は心を開いてくれません。(略)笑いかけたら、相手も笑顔で返してくれますから、コミュニケーションもとてもスムーズになるのです。

笑顔でいることのメリットは、笑うことで自分の気持ちも楽しくなるということです。楽しいから笑うのではなく、笑うと楽しくなるというメカニズムが人間にはあるのです。

笑えば体にいい脳内ホルモンもたくさん出るし、笑いはいろいろなことを解決してくれます。ですからたくさん笑いましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

親鸞会の友人から「べっぴんも笑顔忘れりゃ5割引」と聞いたことがあり、これも忘れられない言葉です。美人でかつ笑顔が素敵だったら文句なしですが、「美人の不満顔よりブスの笑顔のほうが、100倍魅力がある」って勇気がでてきますね(笑)。でもたしかにそうだと思います。笑えば、自分の気持ちも明るくなる。周りの人も、気持ちがいい。まさに自利利他ですね。身体にもいい影響があるとのこと。ストレス社会といわれますが、1日1回笑うことが、やはり健康にもよいそうです。「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」。ニッコリ和顔愛語、今年も心がけてゆきたいと思います。


コメントは受け付けていません。

和顔愛語で ガラッと変わる!

水曜日 12月 23, 2009

笑顔や優しい言葉で、人に幸せを届けることができる。お金はなくても、気持ちさえあれば、どれだけでも実践できる。この心掛けを仏教では、「和顔愛語」と教えられています。
今回は、この「和顔愛語」で、相手も自分も、ともに幸せになれることを実感したという親鸞会会員の大学2年生のYさんを紹介しましょう。


以下は、Yさんからのお便りです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





私は、2年生のころ、仏法を聞かせていただくまで、生きることに喜びを感じられず、「なんでこんな家に生まれたんだろう。。もっと違う家に生まれていれば……」と愚痴ばかり思っていました。「~してもらって当たり前」という気持ちが強く、全く親に対して感謝の気持ちを持とうとしていませんでした。当然、親子の関係は、うまくいっているとはとても言えない状態でした。



しかし、仏法を聞かせていただくようになり、親のご恩を聞かせていただいて、なんとかこの状況から抜け出したいと思い、仏教で勧められている親孝行をキチンと「実行」してみようと思ったのです。

まず、「肩もみ、風呂掃除、玄関の掃除、トイレ掃除、やさしい言葉をかける(和顔愛語)」というリストを作り、それを毎日実行するようにしました。


いざ実行してみると以外に大変で、私のために親はこんなに苦労していたのか、とふつふつと今まで起きなかった熱い、感謝の気持ちがわいてくるのを感じました。親のご恩を感じ、とても幸せな気持ちになりました。

毎日、労をねぎらう優しい言葉をかけながら、母に肩もみをしていたら、ある日、母の態度がガラリと変わったのです。
いつもニコニコして、「大好きだよ」といってくれるようになりました。



それまでは、いつもイライラしていて恐いイメージの母でした。これが本当のお母さんだったのか!と初めて知りました。私が心を閉ざしていたから、母も心を閉ざしていたのだと思います。今は本当に優しくて、私も母のことが大好きです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







体にかけて実行してみないと、分からないことがいろいろありますね。
和顔愛語もその一つ。







幸せになれるかどうか、考える前にやってみましょう! 
きっと何かが変わるはず☆


コメントは受け付けていません。

美人10割増しになる方法☆

金曜日 11月 13, 2009

「言葉の乱れは思想の乱れ。思想の乱れは社会の乱れ」。こんな言葉、聞いたことありますか?言葉遣いの乱れが甚だしいと深く憂慮される方があり、その方から言葉遣いについて学ばせていただく機会がありました。

そこで高森顕徹先生著『光に向かって 心地よい果実』のこんなお話が紹介されました。
和顔愛語にもつうじることと思いますので、皆さんにも紹介しましょう。

■さわやかな返事
 テレビの料理番組に出た、女性アシスタントの歯切れの良い返事に聞き惚れた。
「ううん」「はああ」は論外。普通の「ハイ」は、誰もがする。
 同じ「ハイ」でも、すがすがしい『ハイッ!』の返事で彼女は二十五分、貫いた。
 録画も忘れて、聞き惚れていた。
「はいはいはい……(繰り返し)」や、「はあ~い」では、他人をバカにしている。
 女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。
『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。
 人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。
 実行しよう。

歯切れのよい「ハイ」の返事。心から気持ちよく「ハイ」といつも返事できる人間でありたいですね。しかも、「女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事がよければ一段と輝く」。和顔愛語+清々しい「ハイ」の返事→べっぴん「十割増し」になるのですって。これは実行しなければ(笑)

「人」という字は、人と人とが支えあってできているんだよ、とはよく聞きますが、1人で生きていくことはできません。いろいろな人との関係の中で、生かされている私があります。その時、良好な関係を保ち続け、気持ちよく日常生活を送り、一致団結して物事を成し遂げていくには、言葉遣い、和顔愛語ってとっても大事ですよね。ましてや、親鸞聖人のみ教えをお伝えしていく時には、なおさらです。「言葉遣い」に意識して、気をつけて毎日を送っていきたいと思います。


コメントは受け付けていません。

和顔愛語は元気の源!

月曜日 10月 12, 2009

和顔愛語というのは、笑顔と優しい言葉という意味で、仏教で教えられる布施行です。親鸞会の会員に、守川さんという小学校の先生をサポートする仕事をしている知り合いがいるのですが、現場で明るく元気な挨拶と子供たちに優しい言葉をかけることを心がけているそうです。彼から先日、こんな話を聞きました。

「今の子供は挨拶をしない・・・」とよく言われますが、こちらから笑顔で「おはよう」と声をかけ続けていくと、子供たちは恥ずかしながらも少しずつ「おはよう」と返すようになります。この和顔愛語の法則を歌ったものに、「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ 山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」という歌がありますが、本当にそうだなぁとしみじみ感じています。また色々と手伝ってくれる子供たちに、「ありがとう。○○さんは優しいね」とか「手伝ってくれて、とても嬉しかったよ」など優しい言葉をかけていくと、子供の顔が和んでいくのを実感します。今年の3月、卒業式を控えたある日、1年半一緒に過ごした子供達からメッセージカードのプレゼントがあり、その中にこんなメッセージがありました。

『守川先生へ
 僕が挨拶した時に、守川先生はいつも「おはよう」と返事をしてくれてありがとうございました。僕は先生の元気な返事のおかげで一日元気に過ごせました。挨拶をすると元気になるというのは聞いたことがあったけれど、実際に体験したのは初めてでした。守川先生のおかげでこんな体験ができたので感謝しています。守川先生は謝恩会の時に、僕たちに勇気づけられたって言ってたけど、何度も慰めてもらったし、あいさつなどで元気をもらったりしたので、勇気づけられたのはこっちの方だと思います。これからもそんなふうに人を元気にしたり助けたりできる人でいてください』

こんなメッセージが28人分あり、今も守川さんを励ましてくれるのだそうです。仏教を知らされ、和顔愛語という素晴らしい布施行を知らされたことを感謝していると言っていました。「呼べば呼ぶ 呼ばねば呼ばぬ 山彦ぞ まず笑顔せよ みな笑顔する」。まずは自分自身から実践し、笑顔で幸せを届けたいですね☆


コメントは受け付けていません。

和顔愛語 -笑顔は幸せへのパスポートー

日曜日 9月 13, 2009

和顔愛語について、続けて紹介しています。仏教を説かれたお釈迦さまは、いろいろな善い行いを六つにまとめて、「六度万行」と教えられました。その筆頭が「布施」(親切)。これは、物質的なものを施して人を助け喜ばせる「財施」と、仏法を伝える「法施」に分けられます。和顔愛語とは、たとえお金や物を持たない人でも、笑顔(和顔)や優しいいたわりの言葉(愛語)を施すことで、これも立派な布施行なのだ、と仏教で教えられています。







「和顔愛語」と聞いて思い出すのが、よく行くスーパーでレジをしている女性、Dさんです。その方はいつも、「いらっしゃいませ~」「○円のお返しです」「ありがとうございました」と笑顔で、可愛らしい声で言ってくださるのです。感じのいい方だな、素敵だな、見習わなければといつも思います。どんな人にとっても「人生は苦なり」。日常の出来事は、放っておけば苦虫つぶしたような顔になることばかりではないでしょうか。それでもいつもDさんが笑顔でやさしい雰囲気なのは、笑顔絶やさず、気持ちよくお客さんと接しようと、常に心がけておられるのだと思います。







また、この笑顔と優しい言葉で、大事な運命が決まることもあるのです。ある富豪の老婆が、レストランへ出かけた時のこと。ウェートレスがお膳を持って、〝お待たせしました〟と言って、お膳をお客さんの前に据え、さらに〝どうぞ!〟と軽くほほ笑んでみせたのだそうです。その笑顔は決して卑しい媚ではなく、本当に女らしい愛嬌だった。老婆は、『大抵なら、〝お待せしました〟と言って、ただそこに置いて行くだけなのに、その人は、〝どうぞ!〟と言ってチャンと前へ据え直してくれた、〝どうぞ!〟の一言と、そのほほ笑みに、すっかり惚れ込んでしまった』と言って、ウェートレスの女性を見初めたのだといいます。







笑顔の素敵な人は、性を問わず、惹かれてしまいます。心からの笑顔はうつくしいし、気持ちが安らぎます。笑顔に出会うと幸せになれますよね。「笑顔は幸せへのパスポート」というキャッチコピーを見たこともありますよ。さぁ和顔愛語を実践して、幸せを届けましょう


コメントは受け付けていません。

和顔愛語-いじめに対する試み

水曜日 7月 8, 2009

今回の和顔愛語は、いじめに関係があるお話です。ある大学の教育心理学の研究グループが、以前興味深い研究をしていました。小・中学校のクラスの中で、お互いを褒め合うメッセージを交換するというもの。
以下、小学5年のクラスでの実話です。一郎君(仮名)は、クラスのいじめっ子。ちょうどその頃、クラスの優子ちゃん(仮名)がいじめの対象になっていました。学力が低く、上手に言葉が言えないチック症の彼女に対し、いじめや差別がクラスで広がろうとしていました。

そんな時に実験はスタート。相手をほめるカードを定期的に交換することにしたそうです。 「一郎君は、クラスのムードメーカーです。がんばれ!」 一郎君はとても嬉しそう。そのうちに一郎君に変化が見られ、どんどん乱暴な言葉遣いが減ってきたそうです。一方、優子ちゃんも、「最近頑張って授業中に手をあげているね」などという、励ましのカードをもらったり、自分も積極的にカードを書くうちに、自分の言葉でちゃんと意志を伝えられるようになり、チック症が改善したということです。
これはまさに、浄土真宗親鸞会で教わった「和顔愛語」だと私は思いました。相手を傷つけるような言葉より、あたたかく愛情に満ちた言葉を発した方が、お互いの人間関係を良くするということが、実際に証明されたと思います。
いじめが原因で自殺を選ぶ人は毎年増えています。人が死んだらどうなるでしょう?残された人たちは絶望の淵に立たされます。「和顔愛語」は決して簡単なことではないかもしれませんが、これで命を救うことだって可能なのです。


コメントは受け付けていません。

和顔愛語-何のために生きるのか

火曜日 6月 9, 2009

最近、写経や坐禅が若い人の間でブームのようですね。でも若い人がお寺に訪れるのは、ブームだけが理由ではないようです。最近の若者は「なぜ生きるのか、何のために生きるのか」悩んでいるようなのです。私も、同様に悩んだ時期がありましたので、このニュースをみて複雑な気持ちになりました。

私たちは必ず何かを信じて生きています。「信じる」を言い換えれば、頼りにしたり、あてにすることを言います。妻は夫を、夫は妻を信じ、親は子供を頼りにし、子供は親をあてにして生きています。その他にも色々あります。自分の身体や命もそうですし、財産や名誉、社会的地位など、必ず人は何かをあてにして暮らしています。だから生きるということは信じること。神や仏を信ずることだけが信心ではありません。

しかし私たちは、ただ生きるのではなく、幸福を求めて生きています。苦しみや悩みはなぜ生まれるかというと、信じていたものに裏切られた時に起きてくるのです。夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたり、健康な人が病気にかかり健康に裏切られたりするから苦しみます。それが深く信じていればいる程、裏切られた時の苦悩や悲しみ、怒りは大きくなってしまいます。
結論から言うと、裏切らない、変化しないものというのはこの世にはありません。つまらないことで裏切られたと嘆き悲しむのは、ちょっと馬鹿らしく思えますよね。これは浄土真宗親鸞会で私が学んだことです。それなら明るく生きていきませんか?
これに気付くことがもしかすると和顔愛語の第一歩かもしれませんね。


コメントは受け付けていません。